造形教育センター岡山
造形教育センター岡山支部の活動記録です
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/05/13(日)   CATEGORY: 未分類
造形教育センター5月例会
 造形教育センター5月例会は,現代アートの島「直島」のベネッセ
ハウスミュージアムの作品鑑賞でした。
 直島は,香川県ですが岡山県からの方が近く宇野駅から船で20分
です。前回,車で入れなかった場所にバスや徒歩で行きました。

resize0307.jpg


 ベネッセハウスは,ホテルのなかに美術館があります。宿泊すると,
朝晩も美術作品に囲まれて過ごすことができますが,宿泊費はとても
高くて,庶民の手には届きません。

benesse.jpg


 ベネッセハウス入り口のアプローチも,歩くことで風景と建物の美しさが
感じられるように創ってあります。


resize0309.jpg


resize0310.jpg


resize0311.jpg


 ベネッセハウス内は,廊下や通路,巨大なスペースに多くの現代アート作品が展示されています。

resize0312.jpg


 よくこれだけつぶして,つぶした金属だけでで表現できたなあと感心します。

resize0313.jpg


 このネオンは,人の一生を文字と光で表示し,我々の人生を垣間見せてくれます。

resize0315.jpg


 建物のスペースも吹き抜けも広大で,人の人生を展示するにぴったりの空間です。

resize0316.jpg


 有名な人の椅子の作品ですが,座って作品を鑑賞することができます。

resize0320.jpg

resize0321.jpg


 壁面にも展示があります。

resize0328.jpg


 金属で包む,包む,包む。しだいに金属が柔らかい素材に思えてきます。 

resize0324.jpg


 直島に移住してきた,川俣正の作品。まさに,大人の造形遊びです。

resize0327.jpg


 白や大理石でなく青いビーナスも,新鮮です。 

resize0329.jpg


 その他,多くの作品が展示されています。

resize0330.jpg


 この石は柔らかい曲線で体を包んでくれ,寝ころぶと天井が四角に切り取られて
額縁に入ったように,空や宇宙を感じさせてくれます。

resize0331.jpg


resize0333.jpg

resize0334.jpg

resize0336.jpg


 石のサークル

resize0337.jpg

resize0338.jpg


 流木などの 木のサークル
resize0342.jpg


 泥のサークル
resize0345.jpg


 ウルトラマンのサークル

resize0347.jpg


 ベネッセハウスから,地中美術館を望む

resize0350.jpg


 ここで,記念撮影です

resize0351.jpg

resize0352.jpg


 船底を切ったアート

resize0354.jpg


 記念撮影も,だんだん,のりのりになってきました。
resize0355.jpg


 海岸の野外展示

resize0359.jpg


 風で不思議な動きをするオブジェ

resize0360.jpg


 とても高い,ホテルのサンドイッチを食べました。

resize0365.jpg


 ホテルのコンクリートに生える雑草,こりも立派な木彫の作品です。

resize0368.jpg


 大理石が瀬戸内海の気を集めるよう配置され,その中心でお風呂に入る事ができます。題名は「文化大混浴」
 
resize0374.jpg


 三枚の四角形は,金属でできていますが風でヨットの帆のようにたなびきます。

resize0376.jpg


 風が強いなかで,記念撮影です。
resize0377.jpg


 キリストの聖杯のような美しいオブジェ。さぞかし,すばらしい題名がと思っていたら「茶飲め」が題名。現代アーチストのお茶目さに感動しました。

resize0379.jpg


 この花崗岩も二つの眼球のように瀬戸内海を見つめています。瞳の中の風景が美しく広がっています。見えているようで,見えてない。考えているようで,考えてない。ウォルター・デ・マリア 題名「見えて/見えず 知って/知れず」

resize0382.jpg


 大竹伸朗「シップヤード・ワークス 船尾と穴」

resize0388.jpg


 穴が開いていると,誰もがこうしたいですよね。穴からのぞく面白さは何才になっても楽しいのです。

resize0389.jpg


 今回,永原先生は流木のアートに目覚めました。作品化されるのが楽しみです。
resize0391.jpg


 ベネッセハウスミュージアムの前で記念撮影。
resize0358.jpg


                   5月例会のレポート 矢吹 浩一
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 造形教育センター岡山. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。