造形教育センター岡山
造形教育センター岡山支部の活動記録です
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/28(日)   CATEGORY: 未分類
造形教育センター 平成19年1月例会
造形教育センター平成19年1月例会 1月28日〈日〉
会場 岡山市立東畦小学校 10:00~12:00


実技研修 角田みどり先生「ラメのりアートを楽しもう」  ~新開発教材のあっと驚く きらきら作品に挑戦しよう~

 ラメのりを絵の具のように使って,OHPシートの上に絵を描いていきます。ラメのり独特のメタリックな感じと蛍光の発色でとてもきれいなアートが,簡単にできました。準備も書き方も簡単で,低学年から高学年まで幅広く活動ができそうです。
 参加者の作品にも,それぞれの個性が生きていて,キラリと光る作品がたくさんできました。
 resize0008.jpg

resize0001.jpg

resize0002.jpg

resize0004.jpg

resize0007.jpg

resize0020.jpg

 
 それぞれの先生方の作品も,あっという間にすてきに仕上がりました。 

resize0046.jpg

resize0047.jpg

resize0048.jpg

resize0049.jpg

resize0050.jpg

resize0051.jpg

resize0021.jpg

resize0013.jpg

resize0023.jpg


また,今話題の仕掛け絵本作家
ロバート・サブダの世界を,絵本を通して紹介していただきました。

resize0035.jpg

resize0036.jpg

resize0040.jpg




 1月例会は,8人の参加でしたが,短時間ながら有意義な会が持てました。

resize0026.jpg


参加者は,中田先生,角田先生,守安先生,林先生,後藤先生,三谷先生,宮尾先生と矢吹でした。

resize0028.jpg


1月例会の報告 矢吹 浩一
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/06/18(日)   CATEGORY: 未分類
造形教育センター6月例会
造形教育センター6月例会は、玉野市の築港からフェリーで直島に渡り、
直島で「地中美術館」「家プロジェクト」等を見学してきました。
chi-02.jpg

chi-01.jpg

地中美術館は、クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルの作品が安藤忠雄設計の建物に永久設置されています。
chi-4.jpg

DSCN1592.jpg

DSCN1593.jpg

maria.jpg

 地中美術館のなかは、撮影禁止なので地中美術館ハンドブックの写真で、雰囲気を感じてください。
  野外展示は、今回ベネッセがホテルとベネッセの敷地にある道路を専用バスとホテル宿泊者以外立ち入り禁止(なんと、ひどいことを....)にしたため自家用車で入ることができず、ゴミ箱の作品以外見ることができませんでした。また、ベネッセホテルの美術館も同様に道路封鎖のため、たどり着くことができませんでした。
gomibako-01.jpg

gomibako-02.jpg

nao-gomi-3.jpg


 また、家プロジェクトは1998年に始まった、直島の町を舞台とした常設のアートプロジェクトです。直島本村地区にある古い家屋を改修して、アーティストが家の空間そのものを作品化したプロジェクトを公開しています。
「角屋」宮島達男
「Sea of Time '98(時の海 '98)」1998
「Naoshima's Counter Window(ナオシマズ・カウンター・ウインドウ)」
 1998 ほか
 建築修復監修:山本忠司
kadoya-01.jpg

house-digital-04.jpg


「護王神社」杉本博司
「Appropriate Proportion(アプロプリエイト・プロポーション)」2002
 建築設計:杉本博司
goou-03.jpg

goou-02.jpg

goou-04.jpg

nao-goou-5.jpg

nao-goou-6.jpg

goou-05.jpg

「南寺」ジェームズ・タレル
「Backside of the Moon(バックサイド・オブ・ザ・ムーン)」1999
 建築設計:安藤忠雄
minamidera-03.jpg

minamidera-01.jpg

minamidera-02.jpg

この作品は、「闇が光に変わるとき」をテーマにした作品で「直島通信」で、
ジェームス・タレル自身がとても詳しく説明をしています。興味がある方は、
下のアドレスの解説を読んでください。
http://www.naoshimais.co.jp/archive/newsletter/no05/content.html
 今回の例会では、雨やベネッセの道路が通行できなかったこと、また時間の制限もありベネッセミュージアム、野外展示などの作品を、見ることはできませんでしたが、次回の機会に、ぜひもう一度行きたいと思います。
 参加された方で、感想等の追加をよろしくお願いします。(矢吹浩一) 
 
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/21(日)   CATEGORY: アート鑑賞
6月例会は、直島の現代アート鑑賞です
 6月の例会は「直島現代アート鑑賞」になりました。
 ぜひ、ご参加ください。簡単に説明をのせておきます。
直島は、宇野からフェリーでわずか20分の島ですが、最近
ベネッセがこの島に、大きな現代アートプロジェクトを試
みています。大きく分けると地中美術館、ベネッセ美術館、
家プロジェクト、野外展示の4つに分かれます。
 地中美術館は、安藤忠雄さんの設計による美術館で施設
全体が全て地下に埋められています。クロード・モネと、
ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルの3人だけ
の作品を恒久的に展示する美術館です。
1143920334_1.jpg

1145771252_1s.jpg

 上は地中美術館入り口、わずかなコンクリートの厚みの中に
人が消えていくような錯覚になります。
1145772043_2s.jpg

 地下にありながら自然光を採り入れているため、一日のうち
でも時間によって作品の見え方が変化するのも魅力のひとつで
す。
 次は、ベネッセのホテルの美術館ですが、美術館というより
ホテルの至る所に現代を展示しているというか、現代アートの
美術館の中に宿泊できるというか、ホテルと展示が一体となっ
ています。
1143920199_1s.jpg

1143920199_2.jpg

 さらに、家プロジェクトは、民家を改造したり、民家の集まる
町並みの中に民家風の家を建てて、そのなかに現代アートを展示
しているものです。
1146847130_1s.jpg

 なかなか、写真は撮らせてもらえないのですが杉本博司の「護王
神社」は写真が撮れました。天と海の2分割のモノクロの写真で有
名なアーティストの作品です。この神社の不思議は写真を見てすぐ
に気がつきます。
1146843019_1s.jpg

1146843434_1s.jpg

  神社の階段がガラスのアートです。実際にあった護王神社を
このようにアートしたそうですが、地元の人とこの改築には、
議論があったそうです。それでも、杉本博司とベネッセが責任
を持つからと現代アートな神社に変身しました。
 光の感じで神々しく見える気がします。しかし、このアート
な神社のすごさは、このガラスの階段の前に置かれた平らな大
きな岩の下にありました。
1146844257_2s.jpg

 このガラスの階段の下に、まだ作品が続いているのです。
名前も「石室」といいます。横のコンクリートのやっと一人
通れる入り口から入るとガラスの階段の真下に行けます。
 石の階段は神社の地下から始まり、地下水のたまっている場
所から地上に伸びています。周りは、古墳の石室そのものです。
真っ暗な中にガラスの階段だけは地上の光を通し神々しく輝い
ています。そして、地上の階段につながり拝殿の中までつなが
っています。
 私なりに解釈すると、地下の神がガラスの階段を上って拝殿
まで昇って行くというイメージでしょうか。そして、日没とと
もに神は、地下に帰って行くのでしょうか。
 そのほかにも、野外展示が数多くあります。
1146853958_2s.jpg

1146855482_2s.jpg

1146855914_1s.jpg

 現代アートの旅。6月例会、ぜひ、ご参加ください。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/14(日)   CATEGORY: 未分類
昨年8月~今年の5月までの月例会
 昨年8月~今年の5月までの主な月例会の様子を更新しました。
新しい順になるように登録したので8月の「夏の研究会大会」の様子
は2ページ目に回ってしまいました。一番下のアイコンから次のペー
ジもぜひご覧ください。(矢吹)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/13(土)   CATEGORY: 未分類
造形教育センター5月 例会
5reikai-4.jpg

造形教育センター 岡山 総会

平成18年 5月13日(土)
会場 岡山市立福浜小学校

○参加者 角田 永原 中田 矢吹

1 あいさつ

2 昨年度活動報告

3 今年度の方針

 ・土曜日,日曜日の例会に集まりにくいので
  毎月第4金曜日の夜に例会をする。
  

4 会計報告(中田)

5 今年度の役員および役割分担

  ○支部長  角田
  
  ○副支部長   秋元 宮川 矢吹
  ○顧  問   吉田 守安 永原 仁井 清廣
  ○運営委員会  大野 上岡 足立 中野 三谷
  ○事務局・書記 後藤 林  田中
  ○会  計   中田 三竿
  ○月例会担当  宮尾 三谷 森 
  ○組織拡大委員 磯田 糸洲
  ○夏研発表者  

6 年間予定表(案)

 5月13日(土)  総会 
6月17日(土)  現代アート鑑賞  地中美術館 
   (直島)    家プロジェクト  野外展示鑑賞
         築港小学校駐車場集合(予定) 
 
7月 7日(金)18:00~21:00  会場 福浜小 夏研リハーサル 
7月28日(金)18:00~21:00  会場 福浜小 夏研リハーサル、または
                       実践報告   林・矢吹 
  8月未定           会場 岡山大 実技研修   仁井先生  
 8月未定           会場 岡山大 デザイン講義 橋ヶ矢先生
10月27日(金)18:00~21:00  会場 福浜小 実践報告   宮尾・磯田
11月24日(金)18:00~21:00  会場 福浜小 実践報告   糸洲・森
12月23日(土)13:30~16:00  会場 福浜小 実践報告   宮尾・磯田
12月23日(土)18:00~20:00  会場 福寿司
 1月26日(土)18:00~21:00  会場 福浜小 実践報告   三竿・後藤
 1月23日(金)18:00~21:00  会場 福浜小 実践報告   矢吹・三谷

sumida.jpg

 今回の会場は、福浜小学校の校長先生になられた角田先生の校長室が会場になりました。

5gatu-reikai-1.jpg

5reikai-2.jpg

 今回の、参加者は4名と少なかったのですが、次回の直島の現代アート鑑賞では多数の
参加をお待ちしています。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 造形教育センター岡山. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。